染土について2002
染土拭取り着色試験
八代の畳表染土メーカー飯田工業に勉強に行って来ました 2002/5/2
国産畳表の大半は昔からの天然染土による泥染がされています。
染土使用の
長所は畳表の色むらが少なくなる事で生産し易いのと保存がし易い
染土使用の
短所は初回の清掃が必要なのと、清掃前に染土が微粒子と成り飛散する
 青土使用の場合着色表と区別が難しい。

染土は原鉱を乾燥させ粉末にし不純物を取除いて出来ていて、
原鉱は粘土質で淡路では50〜100m地下を採掘しています

青染土(淡路染土)淡路産
原鉱
加熱乾燥
乾燥後
粉砕
粉砕後
白染土(備後染土)鹿児島産
原鉱
乾燥と粉砕
乾燥と
粉砕

戻る

協力者:和ごころ工房 潟nタ