佐賀産

佐賀は1592年同地方の白石町須古地区で栽培されたのが始まりとされ「須古茣蓙」として知られた。
現在は白石町、三根町を中心に栽培が続けられて県下50戸程の農家で栽培されている。
白石地区で栽培されているものは「しろちく」と呼ばれていて、品質の良さで知られていたが、 最近では福岡産地に移出されることが多くなっている。綿経て普及品として工事関係として 使われているそうです。


戻る