小松産

小松表は、986年に現在の小松市の大野町で野生のイグサを見つけたのが始まりと言われている。
その歴史は古く1689年頃に加賀三代目の藩主がイグサ栽培と畳表の製織に力を入れ加賀の畳表として 江戸幕府に献上した記録もある。
現在の小松市ではわずかしかありませんがイグサの表皮が強靭で丈夫な所から人気があり、積雪地方を 中心に使われてる暖房器具の使用による痛みが少ないことから人気があるが、栽培農家がすごく少ない。


戻る