チャタテムシ

コナチャタテムシ

チャタテムシは一部の種類が動・植物食品や動・植物標本などを加害する屋内害虫として知られる。
日本での屋内のチャタテムシは、コナチャタテとカツブシチャタテが多い。
屋内性の種類は無翅で体長も1.5mm以下の微小なもので占められている。
成虫の体長は1.0mm。 単為生殖を行い、雄は発見されていない。背面が暗褐色,頭部は赤褐色。全体はやわらかく、幼虫も成虫に似る。
体が微小なだめ、めだつ存在ではないが、消化管内にカビの胞子を多量に持ち、その中には発癌物質を生産するカビも含まれているという

カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生する。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多い。

薄茶色の小さなチャタテムシの名前を知っている人は、案外少なく。、ダニとよく間違えられますが、この虫には、人を刺したり、かんだりする害はありません。

すばしっこく走り回り、飛ぶ力はなく、 家具、押入、台所など、家のいたるところで年中発生し、湿度の高い夏に大発生し、食料を食い荒らすことがあり、駆除が必要なこともあります。


コナチャタテムシ

●対処

・家屋内の大掃除を行い、室内を清潔に保ち、換気をよくしましょう。
・湿度を下げると繁殖を抑えられるので、発生場所の乾燥する事をお勧めいたします。
・畳替えのときに不織シートを畳の芯とゴザの間に入れてもらいましょう。
・日光がよく当たるよう工夫し、常に乾燥するようにします。
・畳も年1回は日光消毒するとよい。古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物は早めに捨てた方がよい。

戻る