中国産

中国産の表は近年一般住宅用として品質の向上とともに普及されている。
現在では、年間畳消費量の半分近くを占めるようになっている。
もとは日本のイグサを中国に持っていき栽培され、それを原料にして 中国で畳表に織られたものです。
現在の栽培地は、寧波、上海、蘇州、安徽、四川など合わせて8000ヘクタール が栽培される。このうち寧波だけで5500ヘクタールも栽培され中国全体の88.5%も 占めている。
日本の技術が大陸に渡り日本の企業が畳表の生産に携わってきた関係で品質の向上が進んだ。


戻る