イグサに抗菌作用が認められたもの 北九州市立大学国際環境工学部 森田 洋 (農学博士)

1)サルモネラ菌(食中毒細菌)
2)黄色ブドウ球菌(食中毒細菌)
3)腸管出血性大腸菌O157(食中毒細菌)
4)腸管出血性大腸菌O26(食中毒細菌)
5)腸管出血性大腸菌O111(食中毒細菌)
6)バチルス菌(腐敗細菌)
7)ミクロコッカス菌(腐敗細菌)

→有用腸内細菌には抗菌性なし





戻る

協力者:肥後物産