すごいぞ・い草

い草は世界に,1000種あると言われる植物です。

このい草が栽培されて,500年とも600年ともいわれています。

い草1本1本を織りこんだ日本文化の畳表を,今21世紀を迎え、優れた環境植物として考えてみませんか。

い草は、六角形の立体の綿で構成されてます。その集合体が一本のい草を作ってます。

い草の綿は、昔 和ろうそくや、あんどんなどの芯として使われていました。

い草は、別名 燈芯草(とうしんそう)と呼ばれていました。

※ 下の写真は、い草を輪切りにして徐々に拡大した写真です。内部は六角形のハニカム構造です。

畳は、畳表のイグサと畳どこのワラから構成されている複合構造です。長期にわた り使用されてきた日本の文化の象徴ともいえる畳は、代々畳職人が培ってきた良い ものをつくるという汗と努力の結晶であり、現在も畳は、床仕上げ材の貴重品として 住まいに使用されています。

 畳の物理的性質を調べて見ると、保温性、調湿機能、力学的性質、遮音、吸音、 弾力性などに優れていることがわかります。

 イグサの構造は、写真に示された通りで、中心部は六角形のハニカム構造が見 られスポンジ状で白く弾力性に富み、丈夫であることがわかっています。このことか らも昔、灯心に使用されていた理由が理解できます。
また、寒い乾燥の時期には水分を放出し、湿度の高い時期には水分を吸収し、呼吸 をしています。これは、人間の生理的条件に合っていることになります。
   一方、畳の部屋の環境は、人間性を育てる為にも役だっています。

「農林水産省 第2回イグサ・タタミ文化を考えるフォーラム21」 から抜粋                                    

日本女子大学 理学部 南澤 明子

戻る

協力者:ファミリーファームOKA