驚くべきイグサの機能性

● 著書「驚くべきイグサの機能性」について

この本は以下のような内容が書かれた専門書に近い著書です。


<< 驚くべきイグサの機能性  森田 洋 著
  • イグサ生産の現状
  • イグサの歴史
  • イグサ食
  • イグサの抗菌作用
  • イグサと日持ちの関係
  • イグサの食物繊維
  • イグサの有害物質吸着効果
  • イグサの歴史
  • イグサの歴史
  • イグサの歴史
  • イグサの歴史
  • イグサの歴史
  • イグサの創作料理
  • イグサの青汁
  • イグサの敷物
  • イグサの復興
 以前は沢山あったイグサの需要も、建物の洋風化で畳を使用しない、日本のイグサは中国のものに比べ高い、などの理由で、ここ数十年で激減しました。
 エアコンは今現在の洋風化された家にほぼ必ずと言って良い程普及されていますが、実際皆さんも聞くように環境問題も少なくありません。それに比べイグサは湿度を自動的に調整する「天然エアコン」のような保湿作用があり、環境に害を与えず、良いと言えるでしょう。エアコンの悪影響は知れ渡っていますが、ここでは一方のイグサの効能の方に着目して頂きたい。
 イグサはJuncus effusus var. decipiensという学名を持っています。Juncusという言葉はラテン語で「結ぶ」という意味があるそうです。イグサは結べるくらい堅くて弾力性に飛んだ作物なのでそれも頷けることでしょう。
 イグサの仲間であるJuncus族は230種もあり、世界各地に自生しています。日本ではJuncus属の植物で編んだ敷物を「畳」と呼び、その歴史は600年にも昇ると記されています。
 また、イグサには「畳」としての歴史の他に薬草としての歴史も存在しています。
  • 膀胱炎、尿道炎。
  • むくみ。
  • 不眠症。鎮静作用。
  • 切り傷、出血、打撲。
  • 水腫の治療。
  • 利尿効果。
  • 小児の夜鳴き改善。
に効果があります。
 利尿効果が得られる事を考え、更に江戸時代の書物から想像するに、昔は漢方薬としてイグサを使っていたこともおおいに考えられると感じます。

 等々序章のみ省略して書かせて頂きましたが、このように興味深い内容が書かれています。